みんコレ!109の新機能の狙い

  • follow us in feedly

ご無沙汰しています。Project FUNA CEOの野田です。

代表の私が、サイトの更新に手を付けられていなくても、「みんコレ!109」の開発は完了してしまうという、うちのCTOの情熱には、本当に感謝しております。ところで、今回の新機能については、もちろんみなさんにより有用なサービスを提供したいという目的とともに、私なりの狙いがあります。

初代みんコレ!は、できるだけ多くの人に使ってもらうために、シンプルさにとことんこだわり、当日にその有用性を容易に認識してもらえるように努力しましたが、実際には、一致率というあいまいな指標を用いることになり、自己採点をするための予想解答という意味では、中途半端なものになっていました。実際には、みんコレ!の投票数を参考にして、友達同士で議論して、自己採点するというような状況が各地で見られたと思います。

そこで、「みんコレ!109」では、その教訓を生かし、まず、一致率というあいまいな指標に対して、順位と分布を示すことで、ある程度客観的な判断を可能にするということを実現しています。次に、昨年は、各地で友達同士で行われていた、問題ごとの正解の検討について、twitterへのリンクをはることで、全国の受験生と議論ができるような土台を用意しました。さらに、最多投票選択肢以外の解答セットについても一致率を表示できるようにし、ある意味で、全員で協力して、精度の高い予想解答が作れるようになっています。

「みんコレ!109」から追加した機能に関しては、複雑になった分、期待通りの役割を果たしてくれるかどうかは、正直、当日までわからないところがあると思います。しかし、IT技術を通じて、受験生同士が協力することで、誰もが容易に、本来は大手が有料でしか提供できなかったサービスを受けられるという環境が実際に実現可能なのかどうかの挑戦だと思っています。

今回、最も参考にされた解答セットを、「みんなの予想解答!」と位置付け、実際、どの程度の精度になるのか、検討するつもりです。実用性が確認できれば、今後のアプリ開発の方向性の参考にもなりますし、多方面での協力も得やすいかと考えています。

初代みんコレ!と同様、受験生の皆さんのお役にたてるよう、基本的な解答集計表示機能は受け継ぎつつ、さらに役に立つ機能を盛り込みました。「みんコレ!109」をぜひ使ってみてください。当日は、運用に支障が出ないよう、できる限り監視していくつもりでいます。本番まで、残りわずかとなりましたが、一緒に夢に向かって頑張りましょう。

Project FUNA CEO  野田 北斗

 

 

  • follow us in feedly

One Response to “みんコレ!109の新機能の狙い”

  1. payday loans より:

    cash loans
    loans
    advance payday

サブコンテンツ

このページの先頭へ